ブログ

お問い合わせはこちら
住宅ローンシュミレーション
不動産売却の流れ
物件リクエストはこちら
任意売却について
不動産売却の流れ
買取保証システム
賃貸オーナーさま大募集!
賃貸管理
税務相談
法律相談

グローバルハウス > ブログ > RC造の秘密その2

ブログ

RC造の秘密その2

2020年07月20日更新
こんにちは!

営業の亀山です。

最近またコロナが増えてきて不安ですねーコロナ渦ですがいかがお過ごしでしょうか?


今回もRC造(鉄筋コンクリート構造)について教えちゃいます。

前回、圧縮力に弱く引っ張り力に強い「鉄筋」と、

圧縮力に強く引っ張り力に弱い「コンクリート」が組み合わさり、互いの短所を補った強い建物だということを説明しましたが.........





「鉄筋」と「コンクリート」にはもっと面白い秘密があります!!!


それは「鉄筋」と「コンクリート」の「線膨張係数」がほぼ同じということです!!!

「線膨張係数」とは熱膨張率のことです。

物質は温めると膨張し、冷やすと縮みます。この割合がほぼ等しいのです。

つまり気温による膨張や収縮でお互いの材料を邪魔しにくいということです。


中に入っている鉄筋だけ大きく膨張したらコンクリートが壊れてしまいますからね!!




他の材料で線膨張係数が近い?(小さい)ものだと「竹」があります。

ですので戦争中は鉄不足で鉄筋の代わりに竹を使った「竹筋コンクリート」があったとか...


sasanoha.png


鉄筋コンクリートって上手くできているんだなぁー

でも鉄筋コンクリートにはまだまだ秘密があるんです!!が、また今度!

お楽しみに―


営業の亀山でした!!















過去のブログ

PAGE TOP